クリエイション

絡まった糸を丁寧に解く、ヒラメキを生むための時間。

コンサルテーションで理解した「お客様の悩み」をどうしたら解決できるのだろうか。「それならば、ウェブサイトを作ればいい!」とか「音響システムを変えましょう!」と、安易な手段では決めつけません。まずは、ものごとを俯瞰して捉えます。

現状の何が問題で、その結果どんな悩みが生まれていて、それをどう変えていきたいのか。現実と理想のギャップを埋めるために、何が考えられるのか。

ウェブサイトやシステム構築といった手段のデメリットとメリットを踏まえ、正しいアプローチ方法を考えます。もしかしたら、ウェブサイト単体では解決できないお客様の悩みも、別媒体の技術をウェブサイトに応用すればなくなるかもしれない。

クリエイションは、お客様に最良のギフトをお贈りする「ヒラメキを生むための時間」です。

見る人の心を揺り動かす「ドラマ」を届けよう。

Webサイト制作の場合。

製品やサービスを紹介したい、採用情報も載せておきたいし、社長が登場する経営理念のコンテンツもつけといた方がいいかも。せっかくだから、あらゆる情報を載せたい。そう考える企業は少なくはありません。けれど、Webサイトを持つ本当の目的は何でしょうか。

私たちは、本質を問いかけ、その答えからコンテンツやレイアウトをデザインします。本質をつく表現手段は、常に「人間性」に隠されています。商品の開発秘話や人事の意外な苦労話、経営理念の言葉に秘められた社長の思い...。人にフォーカスすると、ただの情報にドラマが生まれる。

人の心が揺れ動くのは、目に見えない「人の思い」に感情移入する瞬間。情報を傍若無人に羅列するのではなく、完成型の表面だけを見るのではなく、いちばん伝えたい「思い」は何かを考える。情報のバランスを整理しながら、訴求点を絞り込んでいきます。

Webサイトは、商品の裏側に隠れた「人の思い=ドラマ」をプレゼンテーションする最適な手段のひとつです。

舞台の上でひきたつ「役」をツールに与えよう。

グラフィック制作の場合。

名刺に誕生花をあしらって出会いへの感謝を表現する、たったひとつのロゴマークから企業のブランドイメージを定義し直す。ひと言で「グラフィック」とまとめても、その役割は多方向に広がっています。だからこそ、私たちはオーダーされた商品がどんなシチュエーションで使われ、どんな役割を持つツールであるのかを考える時間を惜しまない。きちんと「舞台上の役」を担うグラフィックを制作します。

例えばDMでは、レスポンス率を高くするために感情移入されやすい構成を組むし、ポスターだったら、歩いている人の目にとまるインパクト(First Wow)と訴求点を伝えるためのメッセージ(Later Wow)を含ませる。使用環境下でより効果的なスパイス=仕組みを企画に振りかけます。大切なのは、使い手の気持ちと渡された側が抱く感情をデザインすること。

グラフィックは、あらゆるシチュエーションによってカタチも役割も自由変化できてしまう画期的なツールのひとつです。

気分を自在に操る「ムードメーカー」を呼ぼう。

空間デザインの場合。

そわそわして仕事に集中できなかったり、好きなはずの音楽をうるさく感じてしまったり。どんな人でも「気分が乗らないとき」はあります。お客様のそういった「気分」をコントロールする場所を作りだす、それが私たちの空間デザインです。例えば、オフィスのパーテーションや照明を変えただけで社員のモチベーションが高まる、講義室であればスクリーンや音響システムを変えただけで学生の受講中の姿勢が変わる。「え、たったそれだけで?」と驚かれるほど、人の気持ちは空間に隠されたほんの少しの工夫で変えられます。

それが結果として、仕事や学びの効果を高めていく。空間デザインで大切なのは、空間が誰にどう使われているかを整頓すること。デザインはそこからはじまります。飲食店でも、和洋中によって店内の雰囲気が違うし、食事や会話、お酒、何をする場所なのかという目的によってレイアウトや接客のカタチまで変わります。

空間デザインとは、その場所で時間をすごす人々の雰囲気を作りだすムードメーカーなのです。

余分なフローをそぎ落とす「知恵」を隠そう。

システム開発の場合。

「なんだかシゴトの要領が悪いんだよね」「だったらシステムを導入しましょう!」。何かと言えばシステム頼みになっていませんか?確かにシステムは、業務効率をアップさせるなどの効果を生みだします。けれど、それはあくまで制作者の「知恵」がもたらした結果。知恵なくして、使い手の意図を酌んだシステムは完成しないと私たちは考えます。

ところで、その「知恵」とはいったい何なのでしょう。それは、思いの裏側と矛先を読みとり、手法に変える転換力。例えば、社員の案件進行を情報共有したいという案件が届いたら、従順にいわれた通りの機能を持つシステムを制作する。それでは、問題は解消されません。

大切なのは現状を振り返り、解決後に何を期待しているのかを知ること。もしかしたら、システムだけでなく運用ルールや人材配置の再検討も必要かもしれません。いつも、ヒントは現場で働く人や業務フローの中に隠されている。システムは手段。

ほんとうに必要とされているのは、構築されたシステムの流れに息づく「知恵」です。

イメージを発酵させる「きっかけ」を用意しよう。

映像制作とサウンドメイクの場合。

建築中のマンションにかかった「完売御礼」の垂れ幕。まだ、エントランスも部屋も完成していないのに、なぜ数千万円もする物件を買ってしまうお客様がいるのだろう。そう疑問に思ったことはありませんか?実は、そうした「今はまだここにないモノ」をイメージさせてしまうのが映像やサウンドの強み。

例えば、マンションのPRビデオを制作する場合は、完成した建物に足を踏み入れたときの高揚感が味わえるような構成を考える。ガラス張りの扉がさーっとスムーズに開き、エントランスに流れるクラッシックが優雅な空間を演出する。エレベーターを降りて自分の部屋へ足を踏み入れたら、都会を見渡す大きな窓が広がる...。そんな少しのイメージが「自分がそこに住んだらどんな生活を送るだろう」と考えます。まったくないイメージを想像するのは難しくても、ひとつのイメージを10倍にふくらませることはできる。

私たちの作りだす映像・サウンドは、お客様の潜在的な創造力をひきだし、コントロールする「きっかけ」をつくります。

お問い合わせいただく前に、
お伝えしたいことがございます。

本日は、株式会社オフィスコンクリートのホームページをご覧くださいまして、誠にありがとうございました。このページ、Webサイトに、役立つ情報はございましたでしょうか?各位のビジネスに寄与できたり、何らかのヒントになっていたとしたら光栄です。もし、ご期待に添えていなければ申し訳なく思います…。本来であれば、すぐに電話やお問い合わせのフォームを通じてお問い合わせをいただきたいとお願いするところですが、まったく逆のことを申し上げることをお許しください。端的に申し上げますと、「お問い合わせ」や「新規のご相談」をご遠慮いただきたいのです。申し訳ございません…。

私たちは今から遡ること10年前、2006年6月に法人登記を行いました。代表者が個人事業として活動していた時期も含めますと11年ほどのあいだ、事業を継続できました。大した実績もなく、規模の小さな会社にもかかわらず、ご縁あって様々なお客様とお付き合いをさせていただけたことに、心から感謝しております。ほんとうにありがとうございます。日進月歩、トレンドが移り変わるWebサイト制作、Webサイト運用の業界で、これだけ長きにわたってご支持をいただけたことを誇りに思うと同時に、果たしてお客様の役に立てていたのか、すこし心配をしてしまうのもまた、正直な感想です。如何でしたでしょうか?

これまで、表立って話題にしないよう努めてまいりましたが、株式会社オフィスコンクリートは、ここ数年のあいだに大きく業態を変化いたしました。当初、ホームページの制作を通じて「お客様の事業がうまくいくようにお手伝いする役割」を志しておりましたが、2013年あたりから、「自ら市場を調べて事業を立ち上げる役割」にゆっくりとシフトしていった次第です。ここでは具体的な手法は割愛いたしますけれども、結果として4つの法人と、6つの事業を運用する企業体に成長いたしました。売り上げの規模、社員数なども10倍に…にわかには信じていただけないかもしれませんが、これが3〜4年ほどの間に起きた真実です。

結果、株式会社オフィスコンクリートは、自分たちの事業のためにホームページを作るだけでなく、軌道に乗り始めたいくつかの事業を円滑におこなうための事務、経理、総務、人事など、いわゆるバックオフィス機能を果たすようになりました。経営資源を共有すればコストを抑えられますし、元からあるノウハウやお付き合いを活かして、即座に対応できることも魅力です。何よりも、BtoB ではなく BtoC の事業には、顧客からのダイレクトな反応が寄せられることに、たいへんやり甲斐を感じています。また、利益率や受注率をコントロールがしやすいことも、Web制作、Web運用のビジネスと大きく異なるように思います。

いっぽう、この10年でWeb制作、Web運用の業界は様変わりしました。もとより参入障壁が低いことから、多くのディレクターさん、デザイナーさんが立ち上がり、さらには初心者でも簡単にWebサイトを構築できるソフトウェア、サービスが次々と登場しています。人々が、かんたんに情報を発信できる環境は、私たちも歓迎する立場にありますが、いっぽうでWeb制作の技術や、Web運用の知恵を蓄えたプロフェッショナルに対して支払われる対価が下がりつつあることに懸念が拭えません…。少しでも早く、少しでも安く、できるだけ良いものを作って欲しい、という要望があることに理解しつつも、やはり抵抗があります。

これまで私たちは、お問い合わせを頂けること、ご相談が寄せられることの尊さを、片時も忘れたことはありません。また、何らかのことで困られている方の役に立ちたいという気持ちも変わっておりません。そう前置きをしながらも、Web制作やWeb運用にかかる労力やコストに対して、私たちが独自に立ち上げたサービスの方が遥かに良い成果を残しています。誤解を恐れずに申し上げますと、「他のことをやっていたほうが儲かる」もしくは「他のことをしていたほうが楽しい」のです。お客様、同業者様のなかには、ご気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。ほんとうにごめんなさい。

以上のことから、これまで当ホームページに掲載しておりました「とりあえず相談をください」というスタンスは撤回して、「どうしても相談に乗ってもらいたい」というお客様にだけ、お時間を作って差し上げる方針に改めました。そして初回の相談から、1時間あたり2万円の費用と、別途かかる交通費をいただきます。なんと偉そうな!とんでもないことだ!とお考えになるかもしれませんが、私たち株式会社オフィスコンクリートには相応の実績があります。そして、たとえ何方からもお声が掛からなくとも、いま支持をくださっているお客様各位とのお付き合いを大切にしていくことの方に大きな価値があると考えています。

この文章をホームページに掲載することについて、弊社一同は2015年の秋からずっと悩んでいました。しかし何故か分かりませんが、2016年になって問い合わせの件数が増えて、これまで通りの対応では需要と供給のミスマッチが生じることにも心配を募らせていました。ほんとうに申し訳ありませんでした。株式会社オフィスコンクリートは、一人でも多くのお客様が幸せになれるお手伝いをさせていただきたいのですが、まだ規模が小さく、盤石でもなく、無償で相談を受け続けられるほどの器ではございません。ほんとうに厚かましいことを申し上げますが、どうかご理解をくださいますようにお願い申し上げます。

株式会社オフィスコンクリート
社員一同

弊社までのアクセス方法
連載コミック:マンガで分かるホームページ制作会社
「第3話:SEO(検索エンジン対策)は難しい?」を掲載しました!
【ホームページ制作会社の社長のおかしな日常。】連載コミック日々の社長。
「第8話:キャバクラには行くけれど。」をアップしました!
1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

名古屋のホームページ制作会社 株式会社オフィスコンクリート

〒451-0042 愛知県名古屋市 西区那古野 2-23-21 dela-do:ra 6d

TEL : 052-485-9290 / FAX : 052-485-9291

E-mail : info@office-concrete.jp

2011 - 2014 © Office CONCRETE Inc,