決算報告書

名古屋のWeb制作会社、経常利益のグラフ。

株式会社オフィスコンクリートでは、2011年度(第6期)より過去の決算報告書をすべて公開することになりました。決して良い内容ばかりではありませんが、これが弊社の包み隠さない正直な状況です。会社の経営状況を社内外の多くの方にご覧頂き、お取引、ご入社を検討される際にお役立てください。

株式会社オフィスコンクリート
代表取締役 中居伊織

各年度の決算概要

年度 顧問税理士の所感
2012年度(第7期)
決算報告書
役員が1名増加しました。これまでは人の確保にも苦労されていましたが、信頼のおける社員との出会いがあり、経営に参画してもらうことに。会社にとっても本当に心強いことでした。その役員(専務)が、顧客との仕事の流れも上手に作ってくれるようになり、業務もスムーズにまわるようになりました。財務面でも、管理能力の高い人が入ったことにより、事業計画なども立てやすくなっています。
2011年度(第6期 HPの効果で、お客様からの問い合わせも増加し、これまでにない業種の顧客と取引できるようになりました。仕事の内容も広がり、主にコンサルティングの仕事が増加しました。
2010年度(第5期)
決算報告書
事務所を移転し、心機一転新しい類の仕事もこなされた1年です。社員も成長し、経営者が経営者らしい仕事のできるようになった時期でもあります。経営も安定し、広告宣伝などにも力を入れ、今後の伸びが期待できます。
2009年度(第4期)
決算報告書
大きな仕事が多く、資金繰り計画の立てにくい1年でした。大きな仕事が多いほど、売掛金も膨らみ、会社は大変になるともいえます。資金不足は社長が貸付金として会社へ投入し問題なく解決しています。
2008年度(第3期)
決算報告書
銀行からの信用も得るため、初めての借入を実行しました。売上は伸び悩んだ1年でもありますが人を育てることに成功した1年でもあります。長い先を見据えて、経営計画・資金計画・投資をバランスよくこなした1年です。
2007年度(第2期)
決算報告書
人材への投資が重要な業界ということもあり、人件費が2年目で2倍になっています。76万の経常損失が出ていますが、役員から資金を投入し、会社としての現預金は2倍にすることができました。人の問題でも経営者として悩み成長された1年だと思います。
2006年度(第1期)
決算報告書
何もないゼロからのスタートで、ソフトや事務所などたくさんの投資があったにも関わらず、利益をきちんと出せていて素晴らしいと思います。合法的な節税対策で地代家賃を2年分計上しても黒字ですから、1年目は良い成績
であったといえます。

お問い合わせいただく前に、
お伝えしたいことがございます。

本日は、株式会社オフィスコンクリートのホームページをご覧くださいまして、誠にありがとうございました。このページ、Webサイトに、役立つ情報はございましたでしょうか?各位のビジネスに寄与できたり、何らかのヒントになっていたとしたら光栄です。もし、ご期待に添えていなければ申し訳なく思います…。本来であれば、すぐに電話やお問い合わせのフォームを通じてお問い合わせをいただきたいとお願いするところですが、まったく逆のことを申し上げることをお許しください。端的に申し上げますと、「お問い合わせ」や「新規のご相談」をご遠慮いただきたいのです。申し訳ございません…。

私たちは今から遡ること10年前、2006年6月に法人登記を行いました。代表者が個人事業として活動していた時期も含めますと11年ほどのあいだ、事業を継続できました。大した実績もなく、規模の小さな会社にもかかわらず、ご縁あって様々なお客様とお付き合いをさせていただけたことに、心から感謝しております。ほんとうにありがとうございます。日進月歩、トレンドが移り変わるWebサイト制作、Webサイト運用の業界で、これだけ長きにわたってご支持をいただけたことを誇りに思うと同時に、果たしてお客様の役に立てていたのか、すこし心配をしてしまうのもまた、正直な感想です。如何でしたでしょうか?

これまで、表立って話題にしないよう努めてまいりましたが、株式会社オフィスコンクリートは、ここ数年のあいだに大きく業態を変化いたしました。当初、ホームページの制作を通じて「お客様の事業がうまくいくようにお手伝いする役割」を志しておりましたが、2013年あたりから、「自ら市場を調べて事業を立ち上げる役割」にゆっくりとシフトしていった次第です。ここでは具体的な手法は割愛いたしますけれども、結果として4つの法人と、6つの事業を運用する企業体に成長いたしました。売り上げの規模、社員数なども10倍に…にわかには信じていただけないかもしれませんが、これが3〜4年ほどの間に起きた真実です。

結果、株式会社オフィスコンクリートは、自分たちの事業のためにホームページを作るだけでなく、軌道に乗り始めたいくつかの事業を円滑におこなうための事務、経理、総務、人事など、いわゆるバックオフィス機能を果たすようになりました。経営資源を共有すればコストを抑えられますし、元からあるノウハウやお付き合いを活かして、即座に対応できることも魅力です。何よりも、BtoB ではなく BtoC の事業には、顧客からのダイレクトな反応が寄せられることに、たいへんやり甲斐を感じています。また、利益率や受注率をコントロールがしやすいことも、Web制作、Web運用のビジネスと大きく異なるように思います。

いっぽう、この10年でWeb制作、Web運用の業界は様変わりしました。もとより参入障壁が低いことから、多くのディレクターさん、デザイナーさんが立ち上がり、さらには初心者でも簡単にWebサイトを構築できるソフトウェア、サービスが次々と登場しています。人々が、かんたんに情報を発信できる環境は、私たちも歓迎する立場にありますが、いっぽうでWeb制作の技術や、Web運用の知恵を蓄えたプロフェッショナルに対して支払われる対価が下がりつつあることに懸念が拭えません…。少しでも早く、少しでも安く、できるだけ良いものを作って欲しい、という要望があることに理解しつつも、やはり抵抗があります。

これまで私たちは、お問い合わせを頂けること、ご相談が寄せられることの尊さを、片時も忘れたことはありません。また、何らかのことで困られている方の役に立ちたいという気持ちも変わっておりません。そう前置きをしながらも、Web制作やWeb運用にかかる労力やコストに対して、私たちが独自に立ち上げたサービスの方が遥かに良い成果を残しています。誤解を恐れずに申し上げますと、「他のことをやっていたほうが儲かる」もしくは「他のことをしていたほうが楽しい」のです。お客様、同業者様のなかには、ご気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。ほんとうにごめんなさい。

以上のことから、これまで当ホームページに掲載しておりました「とりあえず相談をください」というスタンスは撤回して、「どうしても相談に乗ってもらいたい」というお客様にだけ、お時間を作って差し上げる方針に改めました。そして初回の相談から、1時間あたり2万円の費用と、別途かかる交通費をいただきます。なんと偉そうな!とんでもないことだ!とお考えになるかもしれませんが、私たち株式会社オフィスコンクリートには相応の実績があります。そして、たとえ何方からもお声が掛からなくとも、いま支持をくださっているお客様各位とのお付き合いを大切にしていくことの方に大きな価値があると考えています。

この文章をホームページに掲載することについて、弊社一同は2015年の秋からずっと悩んでいました。しかし何故か分かりませんが、2016年になって問い合わせの件数が増えて、これまで通りの対応では需要と供給のミスマッチが生じることにも心配を募らせていました。ほんとうに申し訳ありませんでした。株式会社オフィスコンクリートは、一人でも多くのお客様が幸せになれるお手伝いをさせていただきたいのですが、まだ規模が小さく、盤石でもなく、無償で相談を受け続けられるほどの器ではございません。ほんとうに厚かましいことを申し上げますが、どうかご理解をくださいますようにお願い申し上げます。

株式会社オフィスコンクリート
社員一同

弊社までのアクセス方法
連載コミック:マンガで分かるホームページ制作会社
「第3話:SEO(検索エンジン対策)は難しい?」を掲載しました!
【ホームページ制作会社の社長のおかしな日常。】連載コミック日々の社長。
「第8話:キャバクラには行くけれど。」をアップしました!
1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

名古屋のホームページ制作会社 株式会社オフィスコンクリート

〒451-0042 愛知県名古屋市 西区那古野 2-23-21 dela-do:ra 6d

TEL : 052-485-9290 / FAX : 052-485-9291

E-mail : info@office-concrete.jp

2011 - 2014 © Office CONCRETE Inc,