コンサルテーション

問題を根っこから知る、きっかけをつかむための時間。

企業ウェブサイトをリニューアルしたい。大学の講義室の音響を考えてほしい。例えば、お客様からそういった直接的なオーダーが届いたら、私たちはまずお客様と話しをして、お客様ご自身も気づかずに話している「深意」を酌みとろうとします。

ウェブサイトや音響システムといった媒体制作は、直接的なオーダーのような状況では、限られた情報の中で問題を解決する方法として浮かんだ案でしかない。根本を探れば、ほんとうは「売上を伸ばしたい」のかもしれないし、「学生の授業中の集中力を高めたい」のかもしれない。

お客様の抱えている「悩み」から導きだした、本当に「正しいアプローチ」なのかは話しをしてみなければわかりません。僕がシゴトを通してしたいのは、お客様の「悩み」に向きあい、根本から解決すること。コンサルテーションは、お客様にとって最良のギフトをお贈りする「きっかけをつかむための時間」です。

愛される商品を生むために、弱点の蓋を外しとる。

セールスプロモーションの場合

製品が完成した、サービスを始めた、商品の魅力をもっと伝えたい!だから、商品の「長所」ばかりをプッシュする。それは「正しい手法」のようで、実はまちがったセールスプロモーション(SP)の仕方です。

セールスプロモーションとは、商品を知ったお客様が「使ってみたい」と思わず手をのばさずにはいられない仕組みをつくること。そして、購入後に後悔をさせないための準備をする時間です。スタートダッシュの威力だけでなく、継続力のある、愛される商品として売る。

そのためには商品の「長所」も「短所」さえも包み隠さず伝える必要がある。大切なのは、くさいもの=短所に蓋をしない姿勢。表現次第で、短所は長所に生まれ変わります。

例えば、軽自動車の短所「車体が軽くて衝突に弱い」なら「燃費がよくてガソリン代が抑えられる」と言葉を換えてみる。情報に誠実でありながら、お客様の気持ちを動かす表現を考える。

セールスプロモーションとは、愛される商品を生むための導線づくりです。

他社との違いに怯えない、社員が会社を魅せる。

リクルーティングの場合

とりあえず求人サイトに掲載して、うそをつかない程度に情報を並べて、就活生から選ばれない企業にならないよう他社を様子見しながら採用活動をする。そんなにビクビクしていては、ほんとうに出会いたい人材には出会えません。どれだけかっこつけて、それっぽい言葉を並べても、抽象的なプロモーションではピンとこないし深意も伝わらない。大切なのは、会社の総意ではなく、社員の「思い」をきちんと伝えること。

どうして今の会社を選んで、何を考えながら働いていて、どんな生活を送っているのか。特別なドラマなんて必要ない。平凡でも、地味でもいい。身近な「人=社員の姿」をみせる。結局、就活生は「人のココロ」に帰ってきます。「この人たちと一緒に働きたい」。

他社との違いを際立たせ、会社の文化にあった就活生の応募意欲を高めるエピソードをひきだす。

リクルーティングとは、会社の枝葉である社員の方々の経験から新たな息吹を呼び込むための機会です。

社員を支えるすべての人に、感謝を届ける。

広報活動の場合

うちはこういうイメージだから、ロゴも広告デザインもコレかな。と、既存のイメージを継承する。それでは、広報活動とは呼べません。そもそも広報活動とは、社員やその家族、まわりの人に親しまれるための取り組み。私たちは「福利厚生」のひとつだと考えています。

例えば、信頼できる企業だとお客様や株主の方々が安心できるような、「お父さんの働いている会社ってかっこいい」と社員のこどもが誇りに思えるよう な企業イメージを世間に広げていく。結果的に社員のモチベーションアップにつながり、売上や採用活動を手助けするイメージを生みだす。

一方で、特定の対象者に特別感を与える「広報をしない戦略」も企業によっては考えられます。目的によって手法を変えながら、会社をつくる社員や彼らのまわりにいる方々へ感謝の気持ちを届ける。ブランディングを通して、まわりに認められる企業へと成長させていく。

広報活動とは、大切な社員の大切な人に贈るプレゼントです。

希望の叶えるために、要望は鵜呑みにしない。

システム環境改善の場合

「請求書システムを構築してほしい」。例えば、こんなダイレクトな依頼が届いたら、私たちははじめに「なぜですか?」とお伺いします。システムは、 ただつくればいいわけではない。効率よく、コストを省く、みんなが気持ちよく働くための環境を考えながら構築する。そのために、まずは誰がどれだけ困っているのかをヒアリングします。

現状の業務フローを踏まえて、何のために、どんなシステムを作るかはそれから考える。話しを掘り下げてみれば、実は、見積作成プログラムと連動した 請求書作成システムが必要かもしれない。もしかしたら、社員のスケジュールを打ち込んで、請求書から社員ひとりのコストパフォーマンスが計算できる機能が 必要かもしれない。

最良の提案は、本質を見抜く力が生みだします。問題の根本にある現状の弱さを洗いだし、予算を踏まえた最良のシステムで環境を改善する。

それが私たちのシステム環境改善、社員の方々が気持ちよく働くための職場設計です。

お問い合わせいただく前に、
お伝えしたいことがございます。

本日は、株式会社オフィスコンクリートのホームページをご覧くださいまして、誠にありがとうございました。このページ、Webサイトに、役立つ情報はございましたでしょうか?各位のビジネスに寄与できたり、何らかのヒントになっていたとしたら光栄です。もし、ご期待に添えていなければ申し訳なく思います…。本来であれば、すぐに電話やお問い合わせのフォームを通じてお問い合わせをいただきたいとお願いするところですが、まったく逆のことを申し上げることをお許しください。端的に申し上げますと、「お問い合わせ」や「新規のご相談」をご遠慮いただきたいのです。申し訳ございません…。

私たちは今から遡ること10年前、2006年6月に法人登記を行いました。代表者が個人事業として活動していた時期も含めますと11年ほどのあいだ、事業を継続できました。大した実績もなく、規模の小さな会社にもかかわらず、ご縁あって様々なお客様とお付き合いをさせていただけたことに、心から感謝しております。ほんとうにありがとうございます。日進月歩、トレンドが移り変わるWebサイト制作、Webサイト運用の業界で、これだけ長きにわたってご支持をいただけたことを誇りに思うと同時に、果たしてお客様の役に立てていたのか、すこし心配をしてしまうのもまた、正直な感想です。如何でしたでしょうか?

これまで、表立って話題にしないよう努めてまいりましたが、株式会社オフィスコンクリートは、ここ数年のあいだに大きく業態を変化いたしました。当初、ホームページの制作を通じて「お客様の事業がうまくいくようにお手伝いする役割」を志しておりましたが、2013年あたりから、「自ら市場を調べて事業を立ち上げる役割」にゆっくりとシフトしていった次第です。ここでは具体的な手法は割愛いたしますけれども、結果として4つの法人と、6つの事業を運用する企業体に成長いたしました。売り上げの規模、社員数なども10倍に…にわかには信じていただけないかもしれませんが、これが3〜4年ほどの間に起きた真実です。

結果、株式会社オフィスコンクリートは、自分たちの事業のためにホームページを作るだけでなく、軌道に乗り始めたいくつかの事業を円滑におこなうための事務、経理、総務、人事など、いわゆるバックオフィス機能を果たすようになりました。経営資源を共有すればコストを抑えられますし、元からあるノウハウやお付き合いを活かして、即座に対応できることも魅力です。何よりも、BtoB ではなく BtoC の事業には、顧客からのダイレクトな反応が寄せられることに、たいへんやり甲斐を感じています。また、利益率や受注率をコントロールがしやすいことも、Web制作、Web運用のビジネスと大きく異なるように思います。

いっぽう、この10年でWeb制作、Web運用の業界は様変わりしました。もとより参入障壁が低いことから、多くのディレクターさん、デザイナーさんが立ち上がり、さらには初心者でも簡単にWebサイトを構築できるソフトウェア、サービスが次々と登場しています。人々が、かんたんに情報を発信できる環境は、私たちも歓迎する立場にありますが、いっぽうでWeb制作の技術や、Web運用の知恵を蓄えたプロフェッショナルに対して支払われる対価が下がりつつあることに懸念が拭えません…。少しでも早く、少しでも安く、できるだけ良いものを作って欲しい、という要望があることに理解しつつも、やはり抵抗があります。

これまで私たちは、お問い合わせを頂けること、ご相談が寄せられることの尊さを、片時も忘れたことはありません。また、何らかのことで困られている方の役に立ちたいという気持ちも変わっておりません。そう前置きをしながらも、Web制作やWeb運用にかかる労力やコストに対して、私たちが独自に立ち上げたサービスの方が遥かに良い成果を残しています。誤解を恐れずに申し上げますと、「他のことをやっていたほうが儲かる」もしくは「他のことをしていたほうが楽しい」のです。お客様、同業者様のなかには、ご気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。ほんとうにごめんなさい。

以上のことから、これまで当ホームページに掲載しておりました「とりあえず相談をください」というスタンスは撤回して、「どうしても相談に乗ってもらいたい」というお客様にだけ、お時間を作って差し上げる方針に改めました。そして初回の相談から、1時間あたり2万円の費用と、別途かかる交通費をいただきます。なんと偉そうな!とんでもないことだ!とお考えになるかもしれませんが、私たち株式会社オフィスコンクリートには相応の実績があります。そして、たとえ何方からもお声が掛からなくとも、いま支持をくださっているお客様各位とのお付き合いを大切にしていくことの方に大きな価値があると考えています。

この文章をホームページに掲載することについて、弊社一同は2015年の秋からずっと悩んでいました。しかし何故か分かりませんが、2016年になって問い合わせの件数が増えて、これまで通りの対応では需要と供給のミスマッチが生じることにも心配を募らせていました。ほんとうに申し訳ありませんでした。株式会社オフィスコンクリートは、一人でも多くのお客様が幸せになれるお手伝いをさせていただきたいのですが、まだ規模が小さく、盤石でもなく、無償で相談を受け続けられるほどの器ではございません。ほんとうに厚かましいことを申し上げますが、どうかご理解をくださいますようにお願い申し上げます。

株式会社オフィスコンクリート
社員一同

弊社までのアクセス方法
連載コミック:マンガで分かるホームページ制作会社
「第3話:SEO(検索エンジン対策)は難しい?」を掲載しました!
【ホームページ制作会社の社長のおかしな日常。】連載コミック日々の社長。
「第8話:キャバクラには行くけれど。」をアップしました!
1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格

名古屋のホームページ制作会社 株式会社オフィスコンクリート

〒451-0042 愛知県名古屋市 西区那古野 2-23-21 dela-do:ra 6d

TEL : 052-485-9290 / FAX : 052-485-9291

E-mail : info@office-concrete.jp

2011 - 2014 © Office CONCRETE Inc,